BESOが描く未来

MISSION会計業界をHACKする。

これまで税理士や会計士たちは、その専門的知識を武器に数多くの企業を支えてきました。
決算書をはじめとする財務資料など内容が複雑なドキュメント作成は、まさにプロフェッショナルの領域。
その積み重ねによって、経営者の方々の信頼を積み重ねてきたのです。

しかし、経済の先行きが不透明な時代を迎え、経営者たちが税理士や会計士に求める役割にも変化が生まれてきました。
単なる資料づくりだけを依頼するのではなく、もっと経営に関する相談がしたい。
融資のタイミングや資金調達に関するアドバイスがほしい。

そういったニーズが高まっています。

その一方で、会計業界では人手不足や高齢化によってリソースが足らず、
クライアントの声に対して十分に耳を傾けられていないのが現状。

私たちは、もっともっとイノベイティブな存在でありたい。
ルーティンな業務に追われるだけでは、社会に本当の価値をもたらすことはできません。

会計業界をHACKするために、まずBesoが取り組むこと。

ひとつは、迅速な会計資料の提供と円滑なコミュニケーションによって、経営者のパートナーとなること。
もうひとつは、課題に直面する税理士や会計士を救うための、新たなソリューションを提供すること。

第一歩を踏み出すのは、私たちから。
その先に、会計業界の新たな未来が築き上げられるという確信があります。

WHAT WE DO

VISION財務で日本を明るく、イノベイティブに

企業が抱える経営面での悩みの多くは、
「お金を円滑に動かせていないこと」
によって起こっています。
融資を受けるタイミングや資金調達の方法など、
専門家による助言によって
解決できる問題はたくさんあります。

つまり、税理士や会計士の力によって、
企業はもっと成長できるということ。

会計業界があるべき姿を示すことは、
企業の成長を、経済の発展をもたらします。
その先は、今よりもっと明るい日本があります。

Besoが描きたいのは、そんな未来です。